大型連休・改元日を迎えるにあたっての注意喚起

経済産業省のホームページから転載しました。 https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/kaigen/kaigen_taiou.html?fbclid=IwAR3ihCaKfFU6YxBuICaWoe_r_pw2R04I4buzkX7W4oPPW57EtawI9msost0 大型連休及び改元日を迎えるにあたり、特に、ご注意いただきたいこ…

【講演再録】AI/ビッグデータ時代の「数理資本」について話そう 経産省・中野剛志氏

記事を公開しました。http://interview.hatenablog.jp/entry/2019/04/09/133110 経済産業省と文部科学省が共同で「理数系人材の産業界での活躍に向けた意見交換会」を設置したのは昨年8月。今年3月12日の第5回で終了し、報告書『数理資本主義の時代~数学…

データ駆動型アプリの基盤となって活用領域を広げるブロックチェーン

【IT Leaders 2019.04.05】 ブロックチェーン(Blockchain)は仮想通貨(暗号資産)とワンセットで脚光を浴びた。そのせいもあって仮想通貨の熱狂が沈静化すると、ブロックチェーンへの関心も薄くなった──と思っていたが、この技術のポテンシャルはそんな程…

群馬県東吾妻町で「親と子のプログラミング教室」

4月2日午後2時から4時まで、群馬県東吾妻町岩島の東吾妻町地域振興センター(旧岩島中学校)で、くらしの学舎(まなびや)主催の「親と子のプログラミング教室」が開かれました。参加したのは地元と東京から計20人+アルファ(取材記者2人)でした。 上…

会計検査院のIT検査について 土肥亮一・業績検査計画官の話を聞く

会計検査院が公共機関のIT費用について検査体制を強化している、と聞いて取材を申し入れた。筆者の特ダネにすることもできるけれど、IT記者会に加盟する記者諸氏と情報を共有すれば世の中に周知する効果は何倍にも拡大する。ということで、IT記者会の2月例会…

「数理資本主義の時代」 理数系人材の産業界での活躍に向けた意見交換会が報告書

AI/ビッグデータの時代、産業界で理数系人材がもっと活躍できるようにしなければならないのではないか——昨年8月から開かれてきた「理数系人材の産業界での活躍に向けた意見交換会」が、3月12日の第5回で終了した。数理系人材の育成と産業界での活用を促…

IoTで市民参加型の見守り、次はオープンデータ活用―加古川市のデジタルガバメント

「IT Leaders」には今年2本目の寄稿となります。 加古川市がデジタルガバメント/GovTechに取り組んでいる。プロジェクトは大きく2つの章で構成される。IoT技術とスマホアプリを組み合わせた「見守りサービス」が第1章、それをきっかけに本格化したオープン…

最初の名前は「情報技術利用促進者フォーラム」

経済産業省の機構改革で「情報処理振興課」(情振課)が廃止され、「情報技術利用促進課」(ITイノベ課)と「情報産業課」が発足したのは2017年の6月だった。このうちITイノベ課に親近感を覚えるのは、長年追いかけてきた情振課の流れを汲むという以外に、「…

柴山昌彦文科相 「未来の学びプログラミング教育推進月間」にあたって

言葉の一部を切り取ったり編集したりーーをしないとこのような記事になります。 ************************************** 文部科学省のホールで「未来の学びプログラミング教育推進月間」の会見が行われたのは2月18…

教材やスペシャル授業など 「小学生からのプログラミング教育」で官民連携

2月18日、文部科学省で行われた会見で 9月をプログラミング教育推進月間に 2020年度に始まる「小学生からのプログラミング教育」に関連して、文部科学省、総務省、経済産業省は今年9月を「未来の学びプログラミング教育推進月間」(愛称「みらプロ」)と…

3月期上場ハード製造73社の2019年3月業績見通し

73社を4業種に整理した 3月期の上場「ハードウェア製造」関連企業は76社だが、キーエンス【6861】、メルコホールディングス【6676】、ジャパンディスプレイ【6740】の3社が通期見通しを公表していない。このため通期見通しの集計は73社で行うことになる。…

3月期上場販売系73社の2019年3月末通期見通し

販売系は4業種で集計 IT製品販売系は電子機器・部品を仕入れて販売する「機器卸売・小売」、情報機器にアプリケーション・ソフトウェアやネットワークを組み合わせて付加価値を付けて販売する「システム販売」、パッケージ化したソフトウェアやIT技術を販売…

3月期上場ネット系96社の2019年3月末通期見通し

ネット系は10業種(業務)に細分化 株式を公開している決算期が3月のネット系企業は101社。このうち2018年2月時点で2018年度通期業績見通しを公表しているのは96社だった。96社の業種(業務分類)別内訳は、 〔1〕業務サービス ①「データセンター/サーバ…

3月期上場受託系ITサービス88社の2019年3月末通期見通し

BSD(業務ソフト開発)47社 売上高は8,499億61百万円で2018年3月実績比5.3%増だった。営業利益は721億59百万円で9.5%増、経常利益は722億09百万円で7.3増、純利益は488億76百万円で17.0%増だった。 就業者1人当たりに換算すると、売上高は1,628.6万円で1.…

3月期決算の上場IT企業340社 2019年3月末通期業績見通し

売上高前年比6.1%増から4.9ポイントの減速 3月期決算の上場IT企業341社が、2018年度第3四半期決算と併せて2019年3月末通期業績見通しを発表した。単純集計の売上高は115兆9,779億50百万円で対2018年3月末実績増減比は1.2%だった。営業利益は11兆2,712億1…

12月決算の上場IT関連103社 2期連続の増収増益

集計企業数は2017年から3社減少 株式を公開しているIT/ICT関連企業のうち、12月期決算の103社の2018年通期業績が出そろった。103社の内訳は、ハードウェア製造業が4社(2017年比増減なし)、通信サービスが1社(同)、製品販売業が17社(1社減)、ネット…

もうハンコは必要なくなる? 霞が関「デジタル化改革」の現実味

久しぶりに寄稿しました。ネットの世界で本人確認の手段は、IDとパスワードが一般的。空港や銀行、コンビニなどでは生体認証も利用され、エンボス/磁気/ICカードがあと10年もしたら終焉を迎えるなかで、いつまで行政手続きにハンコが残るのでしょう。 ハン…

【墓碑銘】鵜澤昌和氏  2019年2月4日没(享年100)

鵜澤昌和 うざわ まさかず 1918年11月24日〜 2019年 2月4日 不動産ニュース 2007/6/19 から転載 経営学者。青山学院大学名誉教授。青山学院大学学長、東京家政学院大学学長、日本ファシリティマネジメント推進協会会長等を歴任し、藍綬褒章を受章した。 ja.w…

経産省が「自治体DX行動プラン」 当たり前ができていない現実

「DX Days 2019」 仕掛け人は経産省 1月16~18の3日間、東京都内で「DX Days 2019」というイベントが開かれた。初日は千代田区永田町で「Govtech Conference2019」、2日目は霞が関・経済産業省で「DX寺子屋」、最終日は港区青山で「自治体DX推進会議」と…

ラファエル氏アカウント停止が契機に? 「ユーチューバーは稼げる」という幻想の終焉 

ラファエル氏のtwitterより 年明け、雑誌編集者のN氏から「お知り合いにユーチューバーはいませんか」という問合わせが入った。YouTubeについて筆者はほとんど素人なので、2009年からYouTubeに動画を投稿してきたという知り合いの映像クリエーターに聞くと、…

副業OKは当たり前となるか、ITエンジニアの共創・シェアリング時代

一本の魚を切り分けることから、1つのネタを別の角度から改めて書くことを、かつて(今でも?)メディア業界では「二枚おろし」「三枚下ろし」と言っていました。その二枚おろしバージョンです。 世界的にデジタルトランスフォーメーション(DX)やデータド…

ユーザー中心のサービスデザインとは Govtech Conference Japan 2019 パネルディスカッション

すでに旧聞に属する1月16日、東京・永田町で経済産業省が主催する〈Govtech Conference Japan 2019〉が開かれた。その要点は折を見てまとめるとして、本稿ではパネルディスカッションの1stセッション「ユーザー中心のサービスデザインとは」を再録する。 登…

IIJがクラウド型管理ツールを無償にする理由 「ねらいはIoTの裾野拡大」と言うが

年が明けて発表者と再会したのも何かの縁 1か月も経って「遅れ馳せながら」の記事を書くのは、年が明けた1月18日、同社MVNO事業部のプレス向け新年会に顔を出した。その会場で、12月14日の勉強会でレクチャーをした猪俣亮氏(ネットワーク本部IoT基盤開発…

地域・市民目線の共創教育 清瀬第三小学校サタデースクールに行ってきた

1月19日、筆者が自宅を出たときには明けの明星が輝いていた。話せば長い話になるので経緯は割愛するとして、目が不自由な高橋正視氏と江戸川橋駅(有楽町線)で落ち合ったのは7時半ごろ。有楽町線〜西武線で清瀬駅を降りると、清瀬第三小PTA会長・柿添信作…

「国は法定半分以下の1.24%」 AI/RPA時代に障害者雇用は維持できるか

改まらない消極姿勢は批判必至 今年6月1日現在の国の機関における障害者雇用率は1.24%で、法定2.5%の半分以下だったことが分かった。昨年6月の時点では1.17%だったから、0.05%の微増にとどまっている。また47都道府県は2.44%、1,724市区町村は2.38%で…

行政手続きから紙とハンコを撤廃できるか

福岡県志賀島で出土した純金製「漢委奴國王」印。紀元前から印章は対外的な本人確認の証拠であり、権威の象徴でもあった。 2017年12月の「基本方針」がスタートライン 12月19日、首相官邸が「デジタル時代の新たなIT政策の方向性について」と題した指針を発…

【現代ビジネス】外国人労働者を頼り、低賃金・低成長に陥った「IT下請け」の誤算 日本人がベトナムの労働者と競う時代

日本のIT「周回遅れ」の根源は何か? 安倍政権が、今臨時国会で出入国管理法(入管法)の改定案成立を急いでいる。 この改定案では、「相当程度の知識または経験」を有することが条件となる「特定技能1号」(在留期限は通算5年)と、「熟練した技能」が必要…

IT/ICT関連株式公開3月期企業の2018年9月中間期業績

各項目ともクリックすると「ICT産業調査室」サイトに飛びます。 2期連続比較篇 itresearch.hatenadiary.com 《製造系》75社 itresearch.hatenadiary.com 《データ通信/モバイル》11社 itresearch.hatenadiary.com 《販売系》75社 itresearch.hatenadiary.co…

【ICT産業調査室】出そろったICT関連株式公開3月期決算358社の2018年9月中間期業績 アウトライン篇

ICT関連の株式公開3月期企業358社の2018年9月中間決算が出そろった。358社の総売上高は54兆6,672億37百万円で前年同期増減率は2.9%増、本業の利益を示す営業利益は6兆0,862億24百万円で15.5%増、経常利益は6兆5,570億91百万円で31.6%増、純利益は5兆3,425…

【現代ビジネス】老いた巨人IBMは驚愕の「3・8兆巨額買収」でGAFAに勝てるか 買った会社の売上は「3000億円」

原題は《「IBM社が340億ドルでレッドハット社を買収」 衝撃のあとに考えたこと》 いちどはIT記者会Reportに掲載した記事ですが、現代ビジネスさんが拾ってくれました。 売上高の10倍以上で買った真意は… 10月28日、米国から衝撃的なニュースが飛び込んできた…

アクセスカウンター