IT記者会Report

オリジナルな記事や送られてきたニュースリリース、セミナーのプレゼン資料など

クラウド

自治体システムに迫る“2025年の崖”─デジタルガバメントの要請が地域SIerを直撃

ここにきて、自治体システムの“2025年の崖”がにわかに現実味を帯びてきた。2022年10月3日、デジタル庁が「ガバメントクラウド(ガバクラ)」に、Microsoft AzureとOracle Cloud Infrastructure(OCI)を追加すると発表、4日後の10月7日、政府は「地方公共団…

「データのクリーン&トラスト」なくしてデジタル社会は実現しない JDEAの改称で、改めて「データをエンジニアリングする」ことの重要性を考える

前身団体の設立が1971年と、ITサービス分野の業界団体の中でも特に長い歴史を持つ日本データ・エントリ協会(JDEA)。そのJDEAが2022年10月1日、名称を「日本データ・エンジニアリング協会」に改称した。データドリブン経営やデータサイエンスが脚光を浴びる…

アシスト、「AWS標準化検討支援サービス」提供開始

株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、URL:https://www.ashisuto.co.jp/、以下「アシスト」)は、アマゾン ウェブ サービス(以下「AWS」)の活用を推進する企業向けに、「AWS標準化検討支援サービス」の提供を本日付けで開始します。 企業におけるDX推…

AWS、モダンなデータ分析をエンドツーエンドで支援する3つのサーバーレス分析サービス群を一般提供開始

Amazon EMR Serverless、 Amazon MSK Serverlessに加え、 Amazon Redshift Serverlessの新しいサーバーレスオプションにより、 お客様は基盤となるインフラの設定、 拡張・管理をせずに膨大なデータ量の分析が可能に この新たなサーバーレス分析オプションを…

日本テレビがSaaS事業に参入 映像の自動モザイク編集AIソフトをサブスクで

バラエティー番組や報道番組などのモザイク入れ作業で最大90%程度の効率化を実現 日本テレビが映像編集ソフトの外販に乗り出しました。AI(人工知能)技術を使って動画像へのモザイク入れを自動化する機能を、サブスク型のSaaSで提供するとしています…

エピックベースが「スマート書記」をアップデート 14日間の無償トライアル提供

使えば使うほど議事録作成が楽になる!「スマート書記」大型アップデートを発表 エピックベース株式会社(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:松田崇義、 以下エピックベース)は、 音声活用で議事録作成を効率化するサービス「スマート書記」に、 「自動話者…

アシスト、「アシストAWSサポート」サービス提供開始

~ 迅速・高品質なサポートをワンストップで提供 ~ 2022年7月1日 株式会社アシスト 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、URL:https://www.ashisuto.co.jp/、以下「アシスト」)は、アマゾン ウェブ サービス(以下「AWS」)の活用を推進する企業向け…

Internet Infrastructure Review(IIR)Vol.55 2022年6月30日発行

今号は、定期観測「今、求められるメールセキュリティ~パスワード付きZIPと送信ドメイン認証「DMARC」」をはじめ、フォーカス・リサーチ(1)では「mac_aptプラグインの作成(後編)」フォーカス・リサーチ(2)では「サービス基盤でのストレージに関する課…

導入広がる「サーバーレス」、 なにが便利? どんな負担を軽減? その仕組みを学ぶ

提供企業:株式会社Serverless Operations 2022年6月20日 クラウド、仮想化、コンテナ、ゼロトラストなどの用語に代表されるように、ITインフラを巡っては数年に1度のペースで大胆な新発想が登場し、注目を浴びる。「サーバーレス」はまさにその1つ。2014年…

TIS、バーチャル店舗内で決済までショッピングを完結できる小売業向けSaaS「XR Pay」の提供を開始

バーチャルショップに決済機能を組み込み、購買における深い没入感とスムーズな決済体験を実現 TISインテックグループ 2022年6月29日 13時00分 インテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 安史、以下:TIS)は、あらゆるバ…

AWS/GCP採用に続く次の一手は? デジタル庁のガバメントクラウド先行事業(1)

行政DXの基盤となる「ガバメントクラウド(Gov-Cloud)先行事業」にAWSとGCPを採用──デジタル庁の公式発表が2021年10月26日で、先日の総選挙の争点にはならなかったが、見落としてはならない重要なニュースだと言える。国民の生命・財産にかかるデータを扱う…

「2025年の崖」の警告先は大企業だけ? 中堅企業はデジタルの時代をどうサバイブするか(後編)

改革すべきIT領域の構造問題のうち、ユーザーにかかわるのは次の2点である。 ①IT予算の約8割が既存システムの保守管理維持に投入されている ②ITシステムの設計・開発・運用・保守を外注に丸投げしている この状況は、52万8000を数える中堅企業(注1)でも変…

「2025年の崖」の警告先は大企業だけ? 中堅企業はデジタルの時代をどうサバイブするか(前編)

「延命オフコン」や「なんちゃってクラウド」が企業の突然死リスクに 2019年12月25日(水) エンタープライズIT業界の流行語大賞があったとしたら、経済産業省のDXレポートが指摘する「2025年の崖」は大賞ないしは大賞候補だったかもしれない。それほど各所で…

IT Leaders主催「PSAセミナー」に行ってきた 人月からの脱皮、今やらなくていつやるの?

9月12日(木曜日)午後2時から、東京・神保町で、《IT Leaders》(河原潤編集長)主催の「PSAセミナー」が開かれた。PSAは「Professional Service Automation」の英文頭文字を取ったもので、日本ではまだ耳慣れない。セミナーのタイトルにある「働き方改革を…

データ駆動型アプリの基盤となって活用領域を広げるブロックチェーン

【IT Leaders 2019.04.05】 ブロックチェーン(Blockchain)は仮想通貨(暗号資産)とワンセットで脚光を浴びた。そのせいもあって仮想通貨の熱狂が沈静化すると、ブロックチェーンへの関心も薄くなった──と思っていたが、この技術のポテンシャルはそんな程…

副業OKは当たり前となるか、ITエンジニアの共創・シェアリング時代

一本の魚を切り分けることから、1つのネタを別の角度から改めて書くことを、かつて(今でも?)メディア業界では「二枚おろし」「三枚下ろし」と言っていました。その二枚おろしバージョンです。 世界的にデジタルトランスフォーメーション(DX)やデータド…

IIJがクラウド型管理ツールを無償にする理由 「ねらいはIoTの裾野拡大」と言うが

年が明けて発表者と再会したのも何かの縁 1か月も経って「遅れ馳せながら」の記事を書くのは、年が明けた1月18日、同社MVNO事業部のプレス向け新年会に顔を出した。その会場で、12月14日の勉強会でレクチャーをした猪俣亮氏(ネットワーク本部IoT基盤開発…