IT記者会Report

IT/ICTのこと、アレヤコレヤ

ネット回線、3人に1人はやってしまう “なんとなく契約

 ヤフー株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役社長:宮坂 学)は、 ご自宅のインターネットとのセット契約でスマホ代が安くなる「スマート値引き」のサービス提供開始に伴い、 消費者の最新のネット利用意向と節約志向を明らかにするべく、 インターネットを利用する全国の30代〜50代の既婚男女600名を対象に、 「ネット利用と節約に関する意識調査」を実施いたしました。
 調査結果からは、 インターネット上や店頭などでネット回線を契約する際、 契約内容を詳細まで確認する人は全体の8%しかおらず、 全体の3人に1人が、 契約内容が不明瞭なまま、 「なんとなく」契約をしている実態が明らかになりました。
 さらに、 その通信費については約7割が「高い」と感じている一方、 一旦契約したプランの変更には6割が「経験なし」と答え、 思いとは裏腹に、 契約内容の変更・乗り換えのハードルは高くあることがわかりました。
節約に関する質問においても、 「通信費」が最も節約したい生活費に選ばれるなど、 ネット回線の契約においては、 費用の側面がやはり最も重要な判断材料になっている現状が垣間見える調査結果となりました。

【調査結果トピックス】 ------------------------------------------------------------------------------
1. ネット回線、 3人に1人以上がやってしまう“なんとなく契約”!
  契約内容の詳細まですべて確認する人はたったの8%と判明!
2. やっぱり高い(68.4%)通信費。 契約後のプラン変更「経験なし」が6割
   ネット回線平均は「5,181円」、 携帯・スマホ平均は「11,841円」
3. もっとお金をかけたい・増やしたい「貯蓄」vs もっと節約したい・減らしたい「通信費」
4. 通信費がお得になる『セット契約』・・・認知度は88.5%
  欲しい特典トップは断トツで「月々の料金割引(83.2%)」

1. ネット回線、 3人に1人以上がやってしまう“なんとなく契約”!
契約内容の詳細まですべて確認する人はたったの8%と判明!  
 本調査対象者全員(n=600)に、 「インターネット回線を契約する際、 契約内容がはっきりしないままに、 なんとなく契約してしまうことがあるか」と尋ねたところ、 39.8%が「ある」と回答し、 3人に1人以上がインターネット回線を「なんとなく契約している」ということがわかりました。
 また、 「インターネット回線を契約する際、 規約や契約内容をどの程度確認しますか」という質問では、 「詳細まですべて確認する人」は全体の8%という結果になりました。 契約内容をすべて確認しない「ざっくりと一通りすべて、 確認する人」は33.0%、 「重要そうな部分だけ、 確認する人」は45.2%、 「ほとんど確認しない人」は13.8%と、 9割以上の人が契約内容を隅々までしっかりと確認せずに契約していることがわかりました。

2. やっぱり高い(68.4%)通信費。 契約後のプラン変更「経験なし」が6割
 ネット回線平均は「5,181円」、 携帯・スマホ平均は「11,841円」
 本調査対象者全員(n=600)に対し、 「自宅での1か月あたりの通信費をどう思うか」を尋ねたところ、 「非常に高い」20.7%、 「高い」47.7%と、 約7割が「高い」と感じていることがわかりました。
 さらに、 「インターネット回線の契約で、 プランの見直しや、 契約会社変更を検討したことはあるか」を尋ねたところ、 「ほとんどない」40.5%、 「変更したことはないが検討したことはある」18.5%と、 6割が「契約プラン変更の経験がない」と回答しました。

3. もっとお金をかけたい・増やしたい「貯蓄」 VS もっと節約したい・減らしたい「通信費」
 続いて、 生活費の支出におけるニーズや要望について調査しました。 本調査対象者全員(n=600)に対し、 「もっとお金をかけたい・増やしたいものはなにか」を尋ねたところ1位に「貯蓄」(51.3%)という結果となりました。 一方で、 「もっと節約したい・減らしたいもの」の1位には「通信費」(29.7%)が挙げられ、 2位に「普段の日の食費」、 3位に「嗜好品(たばこ、 お酒など)」が続く結果となり、 「通信費」は生活者にとって負担の大きいものであることが垣間見えました。

4. 通信費がお得になる『セット契約』・・・認知度は88.5%
欲しい特典トップは断トツで「月々の料金割引(83.2%)」
 「携帯・スマートフォンと、 自宅のインターネット回線とのセット契約で割引となるサービス」を知っているか尋ねたところ、 「すでに利用している」27.2%、 「使っていないが、 サービスの内容まで知っている」22.0%、 「使っていないが、 聞いたことはある」39.3%と、 9割弱が知っていると回答しました。
 さらに、 もらえると嬉しい契約時の特典について聞いたところ、 8割以上が「月々の料金が割引になる」ことと回答し、 負担に感じている人が多いという背景も影響してか、 やはりコストに関する生活者ニーズの高さが浮き彫りとなりました。