IT記者会NewsRelease

IT記者会あてに送られてきたニュースリリースを転載します

デジタルに浮き立つ前に、既存プロセス/システムの見直し・整理を 技術的負債はレガシーだけじゃない─DX着手前にやっておくべきこと

経済産業省が「崖に落ちるぞ」と警告した2025年まであと3年。経営陣は「我が社のDXはどうなっているのか」と回答を求めてくる。あるいは「早くDXを導入しろ」と催促する。一方、IT部門は「予算も人手もないのに」と不満を募らせる。2025年の崖が本当にあるなら、2022年を“DX社会実装元年”にしなければ間に合わない──が、ちょっと待った。いたずらに突き進めば思わぬ落とし穴に足を取られ、ハシゴから高転びに転げ落ちるかもしれない。DXに着手する前にやっておくべきことがある。

写真1:DADC合同記者勉強会パネルディスカッションの様子。右から、落合孝文氏(日本金融サービス仲介業協会)、木村泰宏氏(Fintech協会)、大久保光伸氏(DADC/デジタル庁国民サービスグループ(出典:IPA

 

【続きは】➡️

https://it.impress.co.jp/articles/-/22718?page=2