株式公開IT関連企業(3月期)「販売系」74社の2018年度業績は増収増益

株式を公開しているIT関連の3月期場企業のうち、販売系に分類したのは75社だが、システム販売のサクサホールディングスの決算発表が大幅に遅延しそうなため、74社で集計する。同社の影響度を2017年度業績で見ると、構成比は売上高の0.8%、当期純利益の0.08%となっている。

(注)サクサホールディングスによると、「蓮結子会社であるサクサプレシジョンが2018年8月に売上計上した 建設資材の仕入販売取引に係る売掛金滞留、4月25日(木)従業員 による資金の不正流用と滞留売掛金の回収偽装が判明した」として、2018年3月期決算の発表が大幅に遅延する見込みであることを明らかにしている。

【集計企業数の増減】

ヴィンクス(JASDAQスタンダード:3784:旧ヴィンキュラム ジャパン)が12月決算に移行したため、1社減少した。新規上場はなかった。

74社の内訳は、ソフトウェア・パッケージ40社、システム販売13社、機器販売・卸売9社、ゲームソフト製品8社、携帯通信機器代理店4社となっている。

【続きは⬇︎】

https://itresearch.hatenadiary.com/entry/2019/05/22/181839

アクセスカウンター