株式公開IT関連企業(3月期)「ネット系」104社の2018年度営業利益は実質16.1%減

5月20日までに3月期上場ネット系ITサービス業の2018年度(2019年3月期)決算が出そろった。受託系ITサービス業がITシステムの構築・運用に軸足を置いているのに対し、ネット系はITを利活用した既存ビジネスの代替、ITとインターネットを組み合わせた新しいビジネスモデルの創出と理解していい。

【集計企業数の増減】

集計の対象企業は1社増の104社だった。

▶︎新規上場 カオナビ(上場市場マザーズ:証券番号4435:上場日2019年3月15日)、ミンカブ・ジ・インフォノイド(マザーズ:4436:2019年3月19日)、gooddaysホールディングス(マザーズ:4437:2019年3月25日)の3社だった。

▶︎上場廃止 D.A.コンソーシアムホールディングス(JASDAQスタンダード:6534:2018年10月25日)、エキサイト(JASDAQスタンダード:3754:2018年11月27日)の2社だった。

▶︎業態変化 ソフトバンク・テクノロジー東証1部:4726)を受託系から移動、FRACTALE(旧セブンシーズホールディングス東証2部)を除外した。

これに伴って業態別企業数は次のようになった。

ASP:17社 ②営業支援・マーケティング:17社 ③業務代行・BPO:15社 ④コンテンツ配信:13社 ⑤ECサイト:9社 ⑥出版・ニュースサイト:9社 ⑦求人・求職:8社 ⑧広告・アフリエイト:6社 ⑨オンラインゲーム:6社 ⑩ポータル・複合サイト:4社

 

【続きは⬇︎】

https://itresearch.hatenadiary.com/entry/2019/05/22/091032

アクセスカウンター