IT記者会Report

IT/ICTのこと、アレヤコレヤ

岸田孝一のエッセイ

ソフトウェアとコトバ(12) GOTO Letter をめぐって
 CACM誌でプログラム構造化定理に出会った1966年春からの数年間,わたし自身の個人的生活環境は目まぐるしく変化した.それまで5年ほど勤めていたコンピュータ・メーカの子会社を退職して某計算センターに移ったが,そこでの仕事に飽き足らずに友人たちとソフトウェア・ハウスを設立して,ビジネスをなんとか軌道に乗せようと努力していたからである.

続きは ➡️ ソフトウェアとコトバ(12) GOTO Letter をめぐって - itkisyakaiessayの日記
岸田孝一のエッセイ