IT記者会NewsRelease

IT記者会あてに送られてきたニュースリリースを転載します

なぜアクセンチュアはDX推進に強いのか。キーワードは「一気通貫」

f:id:itkisyakai:20201127082842j:plain

山口大輔(やまぐち・だいすけ)氏。アクセンチュア ビジネス コンサルティング本部 テクノロジーストラテジー&アドバイザリーグループ プリンシパル・ディレクター。2004年に新卒でアクセンチュア入社。入社5年目で製薬業界のIT戦略プロジェクトに携わるなど、デジタル化草創期から企業のテクノロジー戦略を担当。2020年3月に現部門に異動。

www.businessinsider.jp

「デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいる企業は多くありますが、大部分は成果創出に向けて試行錯誤の段階にあると思っています」

こう話すのは、アクセンチュアのテクノロジーストラテジー&アドバイザリーグループで、企業のDXを推進するプリンシパル・ディレクターの山口大輔氏だ。近年、企業のDXへの関心は急速に高まっているが、テクノロジーを実際の業務改革につなげるのは容易ではない。DXを成功させるためには、テクノロジーはもちろん、DXを推進するための「強いリーダーシップ」や、「成果につなげるためのノウハウ」が必須なのだ。

アクセンチュアはなぜDX支援で支持されてきたのか。DXを推進するコンサルタントに求められる能力や経験とは。同社で、DX戦略の立案から現場に寄り添った導入までを一気通貫で支える山口氏に話を聞いた。

 

続きは⬇️

なぜアクセンチュアはDX推進に強いのか。キーワードは「一気通貫」 | Business Insider Japan