IT記者会Report

IT/ICTのこと、アレヤコレヤ

BHI、Gmail、FacebookやTwitterなどをまとめて閲覧&返信できるiPhoneアプリ

当リリースの詳細について http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000013212.html


 BHI株式会社(東京都中央区代表取締役 日昔靖裕)は本日(2015年3月27日)、 電子メールやSNSメッセージをまとめてシンプルに閲覧&返信できるiPhoneアプリ「Swingmail」をリリースしました。

「Swingmail」は、 電子メールが必須の多忙なビジネスパーソンからプライベートでも電子メールやメッセンジャーが欠かせなくなった学生や主婦、 高齢者に至るまで現代社会に生きる全ての人に対して問題を解決します。

  • 「メールが多い」(情報が溢れている)
  • 「色々なアプリでメールを処理しなければならない」(情報が散らばっている)-「着信などの通知が頻繁に来る」(通知がせわしない)

 などと言った問題を解決するために「Less is More」をコンセプトに開発されました。 これまでは主にアメリカ、 イギリス、 オーストラリア、 ニュージーランドといった国のAppStoreで公開&ダウンロードがされていましたが、 今回、 BHIの創業の地である日本の市場に向けてダウンロードを開始しました。

  主な機能:

1)複数のメッセージを一つのInboxで閲覧
GmailiCloudメール、 Facebookメッセージ、 Twitterのダイレクトメッセージを一つのInboxで閲覧できます。 複数のアプリを立ち上げる必要はありません。

2)重要なメッセージだけを表示
それぞれのアプリのメッセージを全て表示するのではなく、 過去にやり取りをした人、 相手の連絡先を知っているなどによってメッセージの選別を行います。 この結果、 本当に返信が必要なメッセージだけが表示され、 SPAMメールなどによって大事なメッセージが埋もれてしまうことを防ぎます。

3)返信機能に特化したシンプルな機能性
Swingmailでは新たに宛先を選んでメッセージを新規に作成することはできません。 既にInboxに溜まっているメッセージに素早く確実に返信を行うことに特化しています。 また電話を発信することも可能なので緊急の際は即電話で会話するシーンも想定して開発されています。

4)スマートフォンの特性を生かした操作性
操作は指でスレッドをワイプするだけで返信または電話発信を選択できます。
極力ステップを削って簡単に操作が出来るように開発を行いました。

5)モバイルピープルに最適のスマートフォンアプリ
Swingmailは各アプリやサービスの保持するメッセージをフィルターしていますので、 元のメッセージはそのままアプリから処理が行えます。 つまりユーザーが外出しているような場合に、 頻繁にメッセージをやり取りしている相手に対する返信や折り返し電話などはSwingmailで、 オフィスや自宅に帰ってからその他の緊急度の低いメッセージを処理したり、 新たにメールを書くなどといった利用シーンを想定して設計、 開発されました。 PCやスマートフォンなどを使いこなしているユーザーには最適のスマートフォンアプリケーションを目指します。