IT記者会Report

IT/ICTのこと、アレヤコレヤ

ページビューを調べる

期限切れXP、自治体54%に20万台

 読売はだからどうだというのか。多額の税金を投入しても、新しい機能が有効に使われるわけではないし、住民サービスが向上するわけではない。ひたすらマイクロソフト社=米国)に日本の税金を上納せよと言いたいのか。フリーソフトOSSオープンソース・ソフトウェア)ベースのシンクライアントに移行せよ、と主張しているわけではない。会計検査院はなぜこの問題を看過しているのか。

期限切れXP、自治体54%に20万台
 国内のパソコンの3分の1に搭載されている米マイクロソフト社の基本ソフト(OS)「ウィンドウズXP」のサポート期間が来年4月に終了するが、その後も全国の半数以上の966自治体が20万台以上を使い続けることが読売新聞の調査でわかった。
 サポート終了後はウイルス感染の危険が高まるなどサイバー攻撃無防備になるが、「危険とは思わなかった」とする自治体もあり、専門家は「セキュリティー意識が甘すぎる」と危惧している。
 アンケート調査は、47都道府県、20政令市、1722市区町村の全1789自治体を対象に実施。全自治体の保有パソコン計約176万台の更新状況を尋ねた。
 その結果、来年4月までに「ビスタ」「7」「8」などの後継OSへの更新が完了しないのは17府県、10政令市、939市区町村で、全自治体の54%に上った。香川県や東京都港区など203自治体では保有台数の半分以上が更新されない。更新が完了しないパソコンは全自治体の保有台数の11%にあたる20万台以上、更新に必要な予算は150億円以上と試算される。(2013年10月6日08時48分 読売新聞)