IT記者会NewsRelease

IT記者会あてに送られてきたニュースリリースを転載します

本音は「人月型SIビジネスに見切り」だけじゃない─“意外に奥が深い15ページ”が示すもの

デジタル産業への具体的道筋は?「DXレポート2.1」の真意を読み解く

f:id:itkisyakai:20210925084619p:plain

デジタル産業の構造(出典:経済産業省「DXレポート2.1」)

 経済産業省が2021年8月31日付で「DXレポート2.1(DXレポート2追補版)」を公表した。これまでのユーザーと受託型ITベンダーの関係を「低位安定」と切って捨てたのは、人月モデルにダメ押しする向きは快哉を送るに違いない。だが、それだけで産業施策になるはずがない。「DX」を推進する複数の政策立案者に“本音”を探ると、現時点では「仮説」ながら、デジタル社会に向けた壮大な産業政策が見えてくる。折しもデジタル庁の発足に続いて、自民党総裁選、総選挙と、向こう2カ月の政治空白が発生している今、DXレポート2.1に込めた真意、政府が示すこの先の展望を確認しておきたい。

 

www.meti.go.jp

 

D X レポート 2.1 (概要)

https://www.meti.go.jp/press/2021/08/20210831005/20210831005-1.pdf

 

itkisyakaiessay.hatenablog.jp