NEC、米AWSと日本初のコーポレートレベルでの協業、官公庁・金融などに特化したサービスを提供

moneyzine.

NECは、Amazon Web ServicesAWS)と日本では初となるコーポレートレベルの戦略的協業契約を締結した。NECAWSプロフェッショナルサービス(※)のサポートのもと、AWS導入に向けたオファリングメニューを開発・提供する。

※顧客がクラウドのイノベーティブな活用によりビジネス価値を生み出すことを支援し、加速させるための有償のコンサルティングサービス。

今回の協業によって両社で投資を行い、官公庁・金融・医療機関など、業種特有のレギュレーションに対応したマネージドサービスの提供を強化する。官公庁におけるISMAP、金融機関におけるFISC、医療情報システムの安全基準に関するガイドラインなど、クラウド環境の利用時に業種特有のレギュレーション対応を必要とする顧客にも対応。NECは日本政府が2020年10月にAWS上で稼働した第二期政府共通プラットフォームの運用管理業務の事業者に採択された。

NECはDX推進に向けて、グループ会社であるアビームコンサルティングと連携し、2020年7月から自社利用の国内最大級SAPシステムのプラットフォームに対するAWS導入プロジェクトをスタートしている。今後はこのプロジェクトや米AWの知見をもとに、大規模ミッションクリティカルなシステムへのAWS導入に向けたコンサルティング・構築・マイグレーション・運用などのオファリングメニューを共同で開発する。

また、NECグループのAWS認定資格保有者を現在の1,500名から今後3年間で新たに1,500名増強し、合計3,000名体制とする。これによってデリバリー体制を大幅に強化し、大規模なクラウドシステム構築案件にも継続的に対応できる体制を整える。