IT関連上場B-B企業467社の2018年度業績 受託系の生産性・収益性の低さ目立つ

株式を公開しているIT関連企業のうち、法人向け(B-B)サービスに軸足を置いている469社の2018年度業績をまとめた。

対象は受託(オフライン)系のソフトウェア開発、システム運用管理、計算処理、事務サービス、データセンター、コールセンター、セキュリティ監視、製品販売系のシステム販売(ターンキー)、ソフトウェア・ライセンス販売、情報機器販売・卸売、ネット(オンライン)系のASPBPO、広告、Webニュースサイト、求人・求職、通信販売、マーケティング/営業支援サービスなど17業種。

【単純集計】

売上高は18兆1,429億07百万円で、2期連続比較可能な467社の2017年度比は9.6%増だった。営業利益は1兆6,661億71百万円(営業利益率9.2%:2017年度比0.4ポイント増)で13.8%増、経常利益は1兆6,732億59百万円(経常利益率9.2%:2017年度比0.4ポイント増)で14.5%増、純利益は1兆1,081億14百万円(純利益率6.1%:2017年度比0.3ポイント増)で15.4%増だった。

【続きは⬇︎】

https://itresearch.hatenadiary.com/entry/2019/06/01/100712

アクセスカウンター