IT関連株式公開のB-B企業 直近10年の業績推移をまとめてみた

IT関連企業のうち、法人向け(B-B)サービスに軸足を置いている企業の業績について、直近10年の推移をまとめた。

対象は下記の17業種である。

受託(オフライン)系7業種 ①業務ソフトウェア開発、②組込みソフトウェア開発、③システム運用管理、④複合サービス、⑤コールセンター、⑥セキュリティ監視、⑦通信設備・回線敷設工事。

複合サービスはシステム構築(システム設計、ソフトウェア開発、ネットワーク設計・構築、計算処理サービス、事務サービス、データセンター、コールセンター、システム運用管理など複数の業務を組合わせて提供する事業形態をいう。

ネット(オンライン)系7業種 ①ASP、②BPO・手続き代行、③ネット広告・アフリエイト、④Webニュースサイト、⑤通信販売、⑥求人・求職/マッチングサイト、⑦マーケティング・営業支援サービス。

製品販売系3業種 ①システム販売(ターンキー)、②ソフトウェア・ライセンス販売、③情報機器販売・卸売。

2018年度売上高 1人当たり2,252.3万円

まずは2018年度の業績から

重複になるが、最近の数値すなわち2018年度の業績が起点となる。

売上高は18兆1,429億07百万円だった。営業利益は1兆6,661億71百万円(営業利益率9.2%:2017年度比0.4ポイント増)、経常利益は1兆6,732億59百万円(経常利益率9.2%:2017年度比0.4ポイント増)、純利益は1兆1,081億14百万円(純利益率6.1%:2017年度比0.3ポイント増)だった。

就業者数は80万5,036人だった。内訳は正規雇用が64万0,037人、非正規雇用が16万4,999人だった。

 

【続きは⬇︎】

https://itresearch.hatenadiary.com/entry/2019/06/01/165733

アクセスカウンター