IT記者会Report

IT/ICTのこと、アレヤコレヤ

ページビューを調べる

AIで記者のネタ集めが変わる。PR TIMES「リリースAI受信」β版、登場

人工知能がメディア記者の本質的な傾向を洞察しマッチ度の高いプレスリリースを提示

prtimes.jp

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営する株式会社PR TIMES(所在地:東京都港区、代表取締役:山口拓己、東証マザーズ:3922)は、2018年3月12日(月)、プレスリリース配信サービス「PR TIMES」において、人工知能(AI)を活用した新しい情報収集の機能「リリースAI受信」β版を、1万人以上の記者が会員登録するメディア会員向け画面に搭載しました。
PR TIMES「リリースAI受信」 https://prtimes.jp/media_ai/

メディア会員向け画面では、これまでメニュー内「ハイライト」枠でプレスリリースをレコメンド表示していましたが、この度これを一新。人工知能IBM Watsonと「PR TIMES」に集積するプレスリリース閲覧データの活用により、記者一人ひとりの深層ニーズに基づいた表示が可能になりました。「リリースAI受信」β版は、メディア会員のプレスリリース閲覧行動データをもとに、人工知能(AI)が各メディア会員の本質的な傾向を洞察し、その傾向とマッチ度の高いプレスリリースを表示する、新しい情報収集の機能です。