IT記者会Report

IT/ICTのこと、アレヤコレヤ

マイクロソフトがワークスタイルを変えた理由(わけ)

勘違いしないでください、儲けるためです

 日本マイクロソフトが「テレワーク勤務制度」を実施したのは今年5月1日。勤務場所は「業務遂行可能な適正な場所」とし、在宅勤務制度とフレックス制度のコアタイムも廃止した。これって、今年2月に急逝した片貝孝夫氏(片貝システム研究所)が提唱していた「どこでもオフィス」そのものじゃないか。とはいえ国内2400人、全世界10万人のスケールで「どこでもオフィス」って、どういうコンセプトと仕組みで成り立っているのだろう。そのことについて、小柳津篤(おやいづ・あつし)・エグゼクティグアドバーザーがレクチャーをしてくれた。「勘違いしないでください、儲けるためです」と小柳津氏は言う。

テクノロジーセンター エグゼクティブアドバイザー 小柳津篤氏

続きは ➡️
マイクロソフトがワークスタイルを変えた理由(わけ) 勘違いしないでください、儲けるためです - interview’s blog