IT記者会Report

IT/ICTのこと、アレヤコレヤ

ページビューを調べる

IPAがアイルランドの研究機関「IVI」と相互協力協定を締結

IT人材育成のための「i コンピテンシ ディクショナリ」の拡充を目的に



 IPA独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田達夫)は4月20日(水)、IPAが提供するIT人材育成のフレームワーク「i コンピテンシ ディクショナリ」 (以下、iCD)と、アイルランドの研究機関「IVI(Innovation Value Institute、 General Manager:Mr. Martin Delaney)」が提供する「IT-CMF」の連携を深める ため、IVIと相互協力協定を4月19日(火)に締結したことを公表しました。 

 IPAが提供するiCDは、組織内のIT人材育成に活用できるツールとして、IT人材に求められる業務(タスク)とスキルを「タスクディクショナリ」、「スキルディク ショナリ」として整理・体系化したものです。
 一方、IVIが提供するIT-CMFは、企業のIT能力成熟度を測るツールとして、主に CIOなどに求められる能力を整理・体系化したもので、既に米国や欧州を中心に一部の日本企業などをあわせて90以上の組織において活用されています。 

 今回のIPAとIVIの相互協力協定の締結は、それぞれが提供するiCDとIT-CMFを相互に補完し、互いの連携・協力関係を深めていくことを目的としています。
 具体的には、IPAはCIOに求められる能力をIT-CMFから補完することでiCDのさらなる拡充が可能と考えており、さらに国際的に活用されているIT-CMFとの連携関係を構築することで、iCDの国際的な普及展開、認知度向上を図っていきたいと考えています。
 また、IVIは、iCDで整理・体系化されたIT人材に求められるタスク・スキルをIT-CMFに補完し、IT-CMFを拡充していくことを目的としています。

 相互協力協定の締結は、4月19日(火)にアイルランド大使館において駐日アイルランド大使Ms. Anne Barrington(アン・バリントン氏)の立会により、IPAからは理事長の富田達夫とIVIからはGeneral ManagerのMr. Martin Delaney(マーティン・デラニー氏)が調印式に参列し、相互協力協定に関する覚書の調印を行い、今後互いに協力し連携を深めていくことを相互に確認しました。

 IPAは、IVIとの協力関係を新たに構築したことを踏まえ、今後、iCDとIT-CMFの連携や拡充が進むことにより、iCDを活用する企業においてCIOをはじめIT人材の育成や、その環境整備が進展していくことを期待しています。 

プレスリリース全文は下記サイトをご覧ください

URL: http://www.ipa.go.jp/about/press/20160420.html