IT記者会Report

IT/ICTのこと、アレヤコレヤ

受託系ソフト/サービス業2015年の業況 見かけの売上増に錯覚

受託系ソフト/サービス業2015年の業況 見かけの売上増に錯覚
マンパワー型 増員にブレーキかからず

2016年02月10日
http://itkisyakai.com/detail.php?id=281&pid
 確認のために、これまでの釤おさらい釤をしておこう。重複する部分が多いので、今回は直近のピークだった2008年(リーマン・ショック発生年)と比較してみる。リーマン・ショックを経て全体の売上高は増えてきたのに、受託系(特にマンパワー型)ソフト/サービス業の2015年業況は「利益なき繁忙」、つまり低付加価値構造から脱していないことを数字で示すためだ。最大の要因は経営者が見かけの売上増と過去の成功体験に錯覚し、現実を直視できていないことにある。(文中△はプラス、▲はマイナス)