IT記者会Report

IT/ICTのこと、アレヤコレヤ

ページビューを調べる

Beaconデバイスの新製品「RapiNAVI Air2」販売開始〜電池持続時間を大幅に長寿命化〜

Beaconデバイスの新製品「RapiNAVI Air2」販売開始〜電池持続時間を大幅に長寿命化〜

 丸紅情報システムズ株式会社(略称:エムシス/MSYS、本社:渋谷区渋谷3-12-18 社長:伊吹洋二)とクレスコワイヤレス株式会社(本社:大田区山王2-3-10 社長:森山正吾、以下 クレスコワイヤレス)は、共同で開発したモバイルマーケティング向けBeacon(ビーコン)デバイスの新製品「RapiNAVI Air2(ラピナビ エア ツー)」を2015年7月10日より販売開始します。

 RapiNAVI Air2は、スマートフォンタブレットPCなどと、BLE(Bluetooth Low Energy通信を行うBeaconのデバイスです。従来製品と比較して電池寿命が大幅に向上しました。iBeaconの規格では、100ミリ秒に1回の間隔で信号を発信し続けることが求められますが、この条件下において単3乾電池2本で約1年間にわたり稼働し続けます。
従来商品の「RapiNAVI Air」はAC電源の他、単4電池1本の電源にも対応していますが、電池寿命が数週間と短く頻繁な電池交換が必要なため、長寿命化が望まれていました。また、クレスコワイヤレスの従来製品である単4電池1本型BeaconデバイスとCR2032ボタン電池型Beaconデバイスにおいても電池寿命に同様の課題を抱えていたことから、MSYSとクレスコワイヤレスが共同で製品開発に取り組み、大幅な長寿命化を実現しました。

 またRapiNAVI Air2は、通信モジュールの電波強度を強化しました。MSYSは通信チップメーカーのNordic Semiconductor ASA社の国内販売代理店のため、その知見を活かしより電波強度の高い通信モジュールを採用しています。これによりRapiNAVI Airと比べ電波到達距離が約3倍となり、より広い範囲を1台のBeaconデバイスでカバーすることができます。
さらに、モバイルアプリとBeaconの通信によりポイントを付加するようなキャンペーンにおいて、本来Beaconの持つUUID(端末番号)を偽装することにより不正にポイントを獲得されるなど、セキュリティ面の課題となるUUIDの「なりすまし」対策をRapiNAVI Air2では機能に盛り込みました。Beaconパケット以外に暗号化した認証パケットを発信し、モバイルアプリなど通信相手のアプリケーションに認証のアルゴリズムを組み込むことでなりすましによる不正を防止できます。

http://www.marubeni-sys.com/mobile/navi/air2_01.html