43%が派遣期間「1人で3年」への変更に反対、継続雇用につながる法案には73%が賛成 「はたらこねっと」、労働者派遣法改正案に関する調査を実施

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000076.000002302.html

 ディップ株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮)は、 人材派遣の求人情報サイト「はたらこねっと」( http://www.hatarako.net/ )において、 「はたらこねっとユーザーアンケート‒労働者派遣法改正案について-」を実施しましたのでご報告いたします。
「はたらこねっとユーザーアンケート‒労働者派遣法改正案について-」


■ 働く期間を1 人3年と限定する法案には43%が「反対」、 継続雇用につながる法案には73%が「賛成」と回答。
 「各派遣法改正案に対しての賛否」に関する質問に対し、 最も反対意見が多かったのは「派遣期間の上限が『1 業務で3年』から『1 人で3年』となること」(43%)という結果となりました。 現在3年以上継続して働く事が出来る層(28 業務で就業している方)を中心に「年齢が上がるごとに次の契約が難しくなる」など不安の声が寄せられました。 なお、 「雇用期間が終了するスタッフを派遣先に直接雇用依頼、 派遣会社での無期雇用、 新規派遣先の紹介いずれかの実施を義務化すること」については73%が「賛成」と回答しました。