IT記者会Report

IT/ICTのこと、アレヤコレヤ

2014年通年の受託系ITサービス業 売上高は実質0.98%減

  2014年通年の株式公開受託系ITサービス業184社の売上高は、前年比6.73%増でした。営業利益は2.16%増、経常利益は3.65%増、純利益は3.19%増となっています。
  就業者1人当たりに換算すると、売上高は0.98%減、営業利益は5.21%減、経常利益は3.83%減、純利益は4.26%減でした。正社員が7.35%増、非正規就業者が9.45%増となったのが原因でした。
  結局、受託系IT企業は就業者を増やすことでしか売上高を伸ばせないマンパワー依存体質になっています。SIerなんて自称したりソリューションなど、自分でもわけのわからないことをのたもうていますけれど、実質、要員派遣業ですからやむを得ません。2013通年が少し上向いたのですが、これでは元の木阿弥。