IT記者会Report

IT/ICTのこと、アレヤコレヤ

ページビューを調べる

日本語アプリの 75%はアプリストアで行方不明に

東京発 - 2015年3月12日 - アプリストアの継続的な混雑ぶりは、 大半のアプリ開発者にとって、 ますます見えにくい市場になっていることを物語っています。 2014年の1年間で、 アプリストアの日本語アプリの数は、 年の初めの 113,363 から12月31日時点の 175,654 へと、 55%増加しました。 同時に、 ゾンビ化した日本語アプリ(アプリストアの中であまり見られていないアプリ)の数は、 75,621 から 131,668 へと、 ほぼ 2倍に増加しました。
https://www.adjust.com/overview/analytics/2015/02/02/app-store-is-dead/
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000011908.html