IT記者会Report

IT/ICTのこと、アレヤコレヤ

ページビューを調べる

情報関連サービス業 2013年9月は28社が倒産

 (株)東京商工リサーチによると、平成25年9月における情報関連サービス業の倒産件数は 28社で、昨年同月と比べ8件の増加でした。1〜9月の累計は250件で昨年同期ほ比べ9件の減少となっています。
 業態別、従業員数別、負債額別、原因別の内訳は、以下のようになっています。
 受託ソフトウェア開発業が18社で64.3%を占めています。倒産原因を見ると、「販売不振」が21件で75.0%となっており、いわゆる「不況型倒産」が増加しています。

業態別倒産件数
 受託開発ソフトウェア業 18
 組込みソフトウェア業 2
 パッケージソフトウェア業 2
 ゲームソフトウェア業 0
 情報処理サービス業 2
 情報提供サービス業 2
 ポータルサイト・サーバ運営業 0
 ASP・ウェブコンテンツ提供業 0
 インタ−ネット利用サポート業 0
 その他 2

倒産の原因
 販売不振 21
 既往のシワ寄せ 4
 売掛金回収難 0
 事業上の失敗 1
 事業外の失敗 0
 融手操作 0
 運転資金の欠乏 1
 金利負担の増加 0
 他社倒産の余波 1
 信用性低下 0
 在庫状況の悪化 0
 設備投資過大 0
 その他/不明 0 

従業員数別
 0〜9人 23
 10人〜49人 5
 50人以上 0

負債額別
 1億円未満 25
 1億円〜10億円未満 3
 10億円以上 0