IT記者会Report

IT/ICTのこと、アレヤコレヤ

ページビューを調べる

【講演再録】サマータイムの基礎知識 国際大学GLOCOM客員研究員・楠正憲氏

情報法制研究所が9月2日に開いた「サマータイム導入におけるITインフラへの影響に関するシンポジウム」の基調講演、2番手で登壇した国際大学GLOCOM客員研究員・楠正憲氏の「サマータイムの基礎知識」を再録する。1948年から52年まで実施された「日本の…

AI・IoT時代のデータ標準化について平本健二氏(政府CIO上席補佐官)の話を聞く

《講演再録》に記事を追加しました interview.hatenablog.jp interview.hatenablog.jp

清水吉男氏が遺した「ペアXDDP」の本意 ~派生開発カンファレンス2018から~

interview.hatenablog.jp http://interview.hatenablog.jp/entry/2018/05 interview.hatenablog.jp

新日鐵住金――ホップ、ステップ、ジャンプで挑む製鉄業の第4次産業革命

執行役員 業務プロセス改革推進部長の米澤公敏氏に聞く 「攻めのIT経営銘柄 2016」選定企業のIT戦略<10> 粗鋼生産量で世界4位の新日本製鉄と同19位の住友金属工業が合併して新日鐵住金(証券コード:5401、東証1部)が誕生したのは2012年10月。その後にスタ…

コニカミノルタ――サブスクリプション時代に備えたクラウド第2ステージの開始

執行役IT企画部長・田井昭氏に聞く 「攻めのIT経営銘柄 2016」選定企業のIT戦略<9> コニカミノルタが「攻めのIT経営銘柄」に選定された事由は、ITを駆使した「デジタルマニュファクチャリング(DMF)」と「グローバルサポートセンター」だ。ところが同社は近…

クラウドシステム「雲の宇宙船」でスマートエネルギー改革に挑む―日本瓦斯

和田眞治社長に聞く 「攻めのIT経営銘柄 2016」選定企業のIT戦略 日本瓦斯(ニチガス:証券番号8174/東証1部)は主要業務をクラウドに移行して、対2005年指数で契約件数が約1.8倍に増えたにもかかわらず、販売管理費は1.4~1.5倍。「その差が収益につなが…

世界のトップクラスの海運業を支えるIoT+ビッグデータ―日本郵船

情報企画グループ長の班目哲司氏に聞く 「攻めのIT経営銘柄 2016」選定企業のIT戦略 日本郵船の保有船舶782隻、総積載トン数6,265万tは世界の海運業のトップクラス。広く知られるのは豪華客船「飛鳥II」だが、一方でわが国の資源エネルギー輸入や自動車輸出…

【IT Leaders】業務改革を追及したら次世代のECプラットフォームができた―Hamee

攻めのIT経営銘柄2016 業務改革を追及したら次世代のECプラットフォームができた 「攻めのIT経営銘柄 2016」選定企業のIT戦略―Hamee 攻めのIT経営銘柄2016選定企業26社のうち、Hamee(ハミィ)は"最年少”の1998年設立。だけでなく本社は小田原市と唯一の地方…

マイクロソフトがワークスタイルを変えた理由(わけ)

勘違いしないでください、儲けるためです 日本マイクロソフトが「テレワーク勤務制度」を実施したのは今年5月1日。勤務場所は「業務遂行可能な適正な場所」とし、在宅勤務制度とフレックス制度のコアタイムも廃止した。これって、今年2月に急逝した片貝孝夫…

派生開発推進協議会代表・清水吉男氏 XDDPから「IoT」に挑むー困難な状況をチャンスに変えるー(派生開発カンファレンス2016)

5月27日、横浜市の横浜開港記念会館で開催された「派生開発カンファレンス2016」(派生開発推進協議会主催)で、第7回目にして同協議会代表の清水吉男氏が初めて演壇に立ち、「XDDPから「IoT」に挑む」と題した基調講演を行った。派生開発/XDDPといえば既…

SERC代表・増井和也氏 開発中心パラダイムに未来はあるか

ソフトウェア・シンポジウム2016in米子のセッションでユニークだったのは増井和也氏(ソフトウェア・メインテナンス研究会代表幹事、http://serc-j.jp/serc/)によるFuture Presentation「ソフトウェアの少子高齢化が急加速〜開発中心パラダイムに未来はある…

平鍋健児氏(チェンジビジョン代表取締役) 「アジャイル開発とスクラム」(2)

派生開発カンファレンス企業講演 アジャイル開発宣言 ところで、アジャイルをやっている人とアジャイルの話をすると、たいてい話がかみ合いません。というのは「アジャイル」という言葉は同じでも、捉え方が人によって違うからです。もともと定義がフワッと…

平鍋健児氏(チェンジビジョン代表取締役) 「アジャイル開発とスクラム」(1)

派生開発カンファレンス企業講演 開発と保守・改造を並行して進めていくという意味では、昨今話題の「アジャイル」と派生開発には何となく共通点があるようなのだが、どこがどのように通底しているのか判然としない。カンファレンス運営委員会にも同じ思いの…

モノを作る、とは 吉田茂樹氏(情報科学芸術大学院大学学長)

※この記事は現時点では「書きかけ」です。あとで全文を再掲します。 関東以西に梅雨明けが発表された7月7日の日曜日、岐阜市は最高気温34.4度と猛暑日の一歩手前。その最中、午後1時から長良川国際会議場で、「幸運な発見」と銘打ったソフトウェア・シン…

オープンソースカフェに行ってみた 一般社団法人オープンビジネスソフトウェア協会会長河村奨氏インタビュー

当日(3月7日)、司会役を務めた橋本明彦氏によると、「OSSAJ(日本オープンソース・ソフトウェア協会)は年に3回か4回、ミニセミナーを開いているんですね」という。いつもは東京・曙橋の市ヶ谷健康保険会館会議室を使っているのだが、今回はその現場に…

飯泉紀子氏 (株)日立ハイテクノロジーズ 研究開発本部主任技師

日本の企業とコミュニティ エンジニアの目線で 2012年07月11日 登録者 つくだひとし 飯泉さんには、実は借りがある。昨年の11月、上海・福旦大学で開催された第5回世界ソフトウェア品質会議(WCSQ)で筆者は飯泉さんの講演を聴く約束を反故にして、別の会場…

西田正法師(大本山永平寺布教部部長) 永平寺の七堂伽藍と修行

ソフトウェア・シンポジウムでは招待講演を通じて開催地の歴史や文化、風土を学ぶのが恒例となっている。今回は曹洞宗大本山永平寺から布教部部長の西田正法師が招かれた。司会役の伊藤昌夫氏はイントロダクションで「幼かったころ毎年のように“お山”に上っ…

本田時夫氏(梅月堂代表取締役)〜壮大な「砂糖の来た道〜

2011年06月30日 登録者 つくだひとし ニューギニア原産のサトウキビ。この植物から砂糖を作り出したのははるか昔のインド人だった。ここから砂糖の旅が始まる。アレクサンドロスの兵士によって、イスラムの隊商によって、ヴェネツィアの商人によって、そして…

森田 均氏(長崎県立大学教授)

〜長崎・五島に100台のEV車〜 2011年06月15日 08:35 登録者 つくだひとし 「長崎 EV & ITS」は,電気自動車(EV:Eelectric Vvehicle)と 高度交通システム(ITS:Intelligent Transport Systems)を融合させ、五島列島における地域活性化と観光開発の支援を…

インタビュー

昨年からIT業界は「クラウド」一色。受託型ITサービス会社の多くが戸惑いを隠せない中、「当社(うち)は10年も前からクラウド型のシステム開発に照準を当ててきた」という会社がある。(株)ぴこねっと(東京都港区愛宕)がそれだ。同社ばかりでなく、…

清水勇吉氏(ランドスケープ・ソフトウェア代表取締役)小さいからこそできることがある

清水氏と初めて会ったのは昨年1月、福岡市に本社を置くトゥ・トゥモロウ社の社長・坂田知裕氏にインタビューしたときだった。テーマは「Webアプリケーションと携帯電話を組合せた宅配型クリーニングサービス・システム」だったが、清水氏はシステムを構築し…

クラウドはどうですか 立ち位置の違いで優劣 宇陀栄次氏/(株)セールスフォース・ドットコム 代表取締役兼米本社上席副社長(下)

自分の庭に機関車を走らせる? 最近、「プライベート・クラウド」という言葉を耳にするようになりました。既存のWebアプリケーションをポータルに集約してワンストップ化するということなのか、ヤフーや楽天のようなコンシューマー向けWebサービスの機能を自…

クラウドはどうですか 立ち位置の違いで優劣 宇陀栄次氏/(株)セールスフォース・ドットコム 代表取締役兼米本社上席副社長(上)

郵政公社へのサービス提供が大きな話題となったのは2年前の春。以後も着々と市場を広げ、国内契約者数は1,000社、ユーザー数は目標の20万を超えたと推定されている。なおかつ、政府の緊急経済対策を“追い風”に、官公庁からの受注が好調に推移しており、図ら…

《対談》IT産業の2010年度を占う 295社の2010年3月期決算

112社で約20万人~見せかけの増収ということも 主要なIT関連企業295社の2010年3月期通期決算が出そろった。売上高は前年度割りだが、営業利益、当期利益ともにプラスに転じ、回復基調に入った感がある。さて、IT産業の2010年度はどうか――ネットワークニ…

「J-SaaS全国キャラバン」パネル ITに使われない方法~要点は顧客と社員の満足度~

「J-SaaS全国キャラバン」セミナーで筆者が司会進行を担当する(した)のは高松、大阪、札幌、名古屋、金沢、福岡の計6回。パネルディスカッションはともセミナーの最後(15:45~17:30)に設定されているため、「皆さん、残っていてくれるだろうか」「ち…

浜口友一氏(情報サービス産業協会会長) 動くときは動くよ〜まずは会員の意見を集約(3)

「誰でもいい」では困る ――その理屈はこの際スパッと捨てて、まず切り分ける。その上で雇用と要員調達の柔軟性をどう確保していくかを考える。こういう考え方、どう思われます? 浜口 考え方は分かりますよ。でも、急激な改革はどうかな。それと個人事業者と…

浜口友一氏(情報サービス産業協会会長) 動くときは動くよ〜まずは会員の意見を集約(2)

実証実験の場が必要浜口 安ければいい、みたいなところがあって、IT産業の健全な発展とか国民の利便性とかをどこまで考えているのか分からないこともある。自治体のシステムには年間5,000億円ぐらいの予算が投入されているけれど、共通化すれば2,000億円ぐ…

浜口友一氏(情報サービス産業協会会長)(1)

動くときは動くよ〜まずは会員の意見を集約 「新政権に期待すること」アンケートの集計結果をもとにしたインタビュー。その第一弾に、情報サービス産業協会(JISA)会長の浜口友一氏が登場というのは、JISAコンベンション(10月7日)を計ったわけではない。…

ASPIC会長・河合輝欣氏、大いに語る

ASP/SaaSの利用 大手から中堅・中小に ASP・SaaSインダストリ・コンソーシアム(河合輝欣会長、略称=ASPIC)とマルチメディア振興センター(有富寛一郎理事長、略称=FMMC)は8月28日、『ASP・SaaS白書2009/2010 クラウドコンピューティング時代の主…