IT記者会NewsRelease

IT記者会あてに送られてきたニュースリリースを転載します

2014-11-22から1日間の記事一覧

絶句、青淵、あまりにも偉大な 津本陽「小説 渋沢栄一」を読んで(6)

欧州、乾いた砂が水を吸うように 徳川昭武一行がパリに着いたのが慶応三年3月、帰国のため最後にマルセーユを出港したのが翌四年9月、滞在は正味1年半だった。徳川昭武は日本国の大使だが、渋沢栄一はいかなる身分だったのか。庶務を扱う俗事方あるいは御勘…