IT記者会NewsRelease

IT記者会あてに送られてきたニュースリリースを転載します

2014-11-04から1日間の記事一覧

絶句、青淵、あまりにも偉大な 津本陽「小説 渋沢栄一」を読んで(4)

歴史舞台への登場 渋沢栄一は尊攘の志士として社会的な騒動を企てたが、おそらく日本の歴史に名を残すというようなことはずっと考えていなかっただろう。しかしながらその名は今となっては一橋慶喜のもとで京都で活動する中で、はやくもしっかりと歴史の歯車…