IT記者会Report

IT/ICTのこと、アレヤコレヤ

コスト削減・納期短縮は誤解!? アジャイル開発の本質的な理解と成功の勘所

実体験に基づくアジャイル開発の成功詳細事例研究

http://www.juas.or.jp/seminar-event/open_seminar/detail.asp?SEMICODE=415195
---------------------------------------------------------------- 
アジャイル開発には、コストが削減される、納期が短縮されるといった誤解があります。
コスト削減・納期短縮を主目的にしたならばアジャイル開発は失敗するというのが経験者の実感です。
にもかかわらず、なぜアジャイル開発を選択したのか。
アジャイル開発は終わりがない開発です。

「早期デリバリー」「継続的デリバリー」という言葉は、アジャイル開発の本質を突く言葉です。
本セミナーでは、「なぜアジャイル開発なのか」という疑問に対する本質的な答えを提示するとともに、具体的な導入準備から開発作業の進め方・ポイント・勘所を解説します。
◆タイトル:コスト削減・納期短縮には誤解!?
      アジャイル開発の本質的な理解と成功の勘所
      〜実体験に基づくアジャイル開発の成功詳細事例研究〜 
◆講師:熊野 憲辰(くまの のりよし)氏
    (ゼリア新薬工業株式会社 情報システム部 課長)
社内の販売システム、データウェアハウス、取引先EDIシステムなどの設計・開発に携わる。社外活動では、BeaconIT社ユーザー会の東日本情報活用研究会の会長を務め、ユーザー企業のIT部門のあり方や、ベンダーとの協力関係のあるべき姿を探求。
◆日時:2013年10月21日(月)10:00〜17:00
          質疑応答 16:00〜17:00
◆主な研修内容:
1. ユーザー主導開発とAgile
2. Agile開発方式の基本
 1)用語解説
 スプリント/ストーリー/イテレーション/チケット/朝会/ペアプロなど
 2)当社の事例
 チーム体制とチームの役割/チケット駆動/Agile開発を支えるツール群の紹介
 自己組織化するチーム構築のためのファシリテーション/チームの運営/振り返り
3. Agile開発の応用事例
 1)ユースケース駆動
 ユースケースとは何か?/“利用”が明確でない情報システムは作らない
 2)モデル駆動開発
 Agileオブジェクト指向モデリング/変化に柔軟なプログラムを作ること/言葉の重要性/リファクタリング
 3)当社の事例
 モデリングチームの仕事/構築チームの仕事/テストのあり方/ストーリー駆動
 4)ベンダーとの契約
 Agile開発をベンダーと共に行う場合/契約形態の考察/当社の事例
 5)継続的インテグレーション
 DevOpsって?/継続的インテグレーションって?/継続的デプロイって?
 当社の事例
4. Agile開発の誤解
 大規模開発はできない?/コストダウンする?/納期が早くなる?
5. Agile開発の本質
 各種方式に、本質な違いがあるわけではない/ソフトウェア特有の難しさを解決したい/イノベイティブなメンタリティの育成/組織のあり方/継続的デリバリ
質疑応答 16:00〜17:00

※詳細のご案内は、下記URLをご覧下さい。
Http://www.juas.or.jp/seminar-event/open_seminar/detail.asp?SEMICODE=415195
      
◆対象: これからアジャイル開発の導入を考えていらっしゃる企業のご担当者
◆定員:30名
◆会場:一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会 会議室
    〒103−0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-11
    井門堀留ビル TEL:03-3249-4102
     http://www.juas.or.jp/aboutus/access.html
     交通:メトロ日比谷線 「小伝馬町」徒歩4分
        都営新宿線   「馬喰横山」徒歩8分
        都営浅草線   「人形町」 徒歩5分
        JR総武快速  「新日本橋」徒歩10分 
        半蔵門線    「水天宮」 徒歩13分    
        銀座線     「三越前」 徒歩13分
◆参加費1名 :JUAS会員/ITC 31,500円、 一般 39,900円[ともにテキスト代、消費税込み]
◆詳細・お申込み
 下記URLをご覧ください。
 Http://www.juas.or.jp/seminar-event/open_seminar/detail.asp?SEMICODE=415195
――――――――――――――――――――――――――――――――